まったり綴るまんがのーと

まったり綴るまんがのーと

おすすめの漫画をメジャーからマイナーまで幅広く紹介してます。あとは気になった漫画のニュースやアニメについての雑談も。

まったり綴るまんがのーと

アニメ絶賛放送中!ラノベ小説家の奇想天外な青春を描く「妹さえいればいい。」≪番外編:小説紹介≫

          妹さえいればいい。 (ガガガ文庫)

 

こんにちは。今回は番外編として現在アニメ放送中のライトノベル妹さえいればいい。」を紹介します。

妹キャラに病的な愛情を注ぐライトノベル作家伊月と、その愉快な仲間の一風変わった日常を描く群像劇風の作品です。

タイトルからはわかりませんでしょうが(笑)。

 

キチガイ描写や怒られるギリギリのネタをぶっこんでいるかなりいかれた作品。

 

ちなみに「僕は友達が少ない」の平坂読さんの最新作です。

 

 作品紹介

著者 平坂読
イラスト カントク
出版社 小学館
レーベル ガガガ文庫
刊行期間 2015年3月18日 -
巻数 既刊8巻(2017年9月現在)

あらすじ

荒ぶる小説家・羽島伊月は、未だ見ぬ究極の妹を創造すべく日夜奮闘する現代のピグマリオンである。彼の周りには、作家やイラストレーターや編集者や税理士など個性的な人々が集まっている。愛も才能もヘビー級、残念系美少女のハイエンド・可児那由多。恋に悩み友情に悩み夢に悩む青春三冠王白川京。闘志を秘めたイケメン王子、不破春斗。人生ナメてる系天才イラストレーター・ぷりけつ。頼れるけど頼りたくない鬼畜税金セーバー・大野アシュリー。闇を抱えた編集者・土岐健次郎――。


それぞれ迷いや悩みを抱えながらも、ゲームをやったり旅行に行ったりTRPGをやったり、たまには仕事をしたりと、賑やかで楽しい日常を繰り広げる伊月たち。そんな彼らを温かく見守る完璧超人の弟・千尋には、ある重大な秘密があって――。

各界から絶賛の声多数(本当)! 『僕は友達が少ない』の平坂読が放つ、日常ラブコメの到達点にしてライトノベル界の現実を赤裸々に晒す衝撃作。言葉の鋭刃が今、世界と担当編集の胃に穴を穿つ――!!!!

 

妹さえいればいい。」をおすすめする理由

個性あふれるキャラクター性

 f:id:wind_gamemei:20171016230038j:plain

 

キチガイ小説家羽島伊月、天才小説家の伊月ラブ戦士可児那由多、青春の体現者白川京、秀才イケメン作家の伊月のライバル不破春斗

そしてある秘密をかかえる伊月の弟にして家事も勉強も完璧人間千尋

 

伊月たちは、それぞれ悩みを抱えながらも、小説を書いたり、ゲームをプレーしたり、酒を飲んだり、確定申告をするなどにぎやかな日常を送る。

創作物に関わる人々の葛藤を交えつつ、伊月たちの青春が描かれる。

 

試されるオタク知識と業界事情の知識、そしてギリギリネタ

この作品の世界では現実世界に登場する全ての作品が存在するとされています。

つまりメタ要素が多いです。

 

「にゃんぱすー」「進撃の巨人」「俺の妹がこんなに可愛いわけがないとかとか普通に文章に出てきます。挙げるときりがないくらい。

小学館でドラ●もんのネタをやるなどの恐ろしい比喩表現もあります。

 

元ネタ知ってたら面白い。

 

 

あとはラノベ業界の合併事情などもネタにされております。

気になった人は調べてみてもよいかも

 

オタク知識が試されます

 

あとは結構下ネタがぶっこまれてますね。

軽く受け流せない人はご注意ください。

 

小説家って変態ばっか

妹キャラへ病んでるほどの愛情を注ぐ主人公の伊月のキチガイ妹描写鏡の前でのヒロインキャラの模倣(全裸・裏声)。

 

↓伊月の新作(仮)の主人公

 妹のブラジャーで顔を拭き、妹のパンツを食す 『アニメ1話より』

 f:id:wind_gamemei:20171017171253p:plain    f:id:wind_gamemei:20171017171130p:plain

↓鏡の前でヒロインのセリフを考える伊月(全裸) 『アニメ2話より』

                                f:id:wind_gamemei:20171017171436p:plain

 

裸でしか小説が書けない天才那由多、一般人風イケメンの春斗はガチのエロゲオタクとクリエイターには変態がいっぱい。そして変態行動の描写もいっぱい。

 

あとから漫画家やイラストレーターなども登場しますが総じて変態です。

 

まあここまでは創作かもしれませんが、

 

  • 昼間から作家仲間で集まって酒盛りしたり、ボドゲしたり。
  • 気分が乗った時にふらりと旅行に行ったり。
  • 編集から逃げ回って言い訳メールを考えたり。

 

と妙にリアルな点もあって面白いです。特にラノベ作家仲間からは超好評な模様。

 

ライトノベル作家といった一風変わった職業の人たちの奇妙な日常を体験しましょう。

 

最後に一言(感想など)

かなり評価が分かれる作品だと思います。

 

自由すぎる文章スタイルとネタのパラダイスで格式ある本の読者には不評かもしれません。

 

(実際自分は同じ作者の作品の「僕は友達が少ない」はあまり好きではないです)

 

しかし、それを乗り越えれば個性豊かなキャラクターたちの悩みや人間関係の変化、そして成長ともっと見ていたくなるストーリーが満載です

 

もちろん↑で紹介したように変態的な行動や作家のリアル日常なども楽しめます。

 

あと個人的に好きなのはボドゲお酒の紹介です。

ボドゲのほうは作中でTRPGなどを普通にやってますし、有名どころのゲームの名前も出てきます。 

お酒は作者の趣味全開っぽいですが、おいしいどころが紹介されています。

 

まずはアニメからでもぜひ入ってみてください。

 

アニメ

f:id:wind_gamemei:20171017170831j:plain

2017年10月から放送中

第一話の最初2分が伊月のキチガイ描写のため視聴者厳選されてたみたいですね(笑)。なんだこれはと思わずにまずは2分を乗り越えましょう。

↓公式サイト

「妹さえいればいい。」

 

↓アニメでの変更点などについて
mattarimangasyoukai.hatenablog.jp

 

漫画

漫画作品二つあります。

妹さえいればいい。@comic 1 (サンデーGXコミックス)

妹さえいればいい。@comic 1 (サンデーGXコミックス)

 

 

 

/*サイドバースクロール*/