まったり綴るまんがのーと

まったり綴るまんがのーと

おすすめの漫画をネタバレなしで紹介してます。メジャーからマイナーまで幅広く紹介します。

まったり綴るまんがのーと

アニメ化直前!果てない世界に祈りの砂詞を「クジラの子らは砂上に歌う」≪漫画感想≫

        f:id:wind_gamemei:20170926002216j:plain

こんにちは。今回はアニメ化直前、幻想的な砂海に浮かぶ泥クジラで暮らす人々と世界との葛藤を描く「クジラの子らは砂上に歌う」を紹介します。

少女マンガはあんまり読まないのですが、良作に出会いました。

儚く美しい世界を描く絵と変化する自分たちの世界に葛藤する人々の心理描写に注目です。

 

 

漫画紹介

作者 梅田阿比
出版社 秋田書店
掲載誌 ミステリーボニータ
レーベル ボニータコミックス
発表号 2013年7月号 -
巻数 既刊10巻(2017年9月15日現在)

 

あらすじ

砂がすべてを覆い尽くす世界。

砂の海に浮かぶ巨大な漂泊船“泥クジラ”で暮らす人々の多くは、感情を発動源とする超能力“サイミア”を操る短命の種族だった。
「外界から閉ざされた“泥クジラ”で短い一生を終える」
その運命を受け入れる少年チャクロは、ある日突然漂着した廃墟船の中で一人の少女と出会う。

 

クジラの子らは砂上に歌う」をおすすめする理由

壮大で美しい世界観

この作品はハイ・ファンタジー作品で作者さんの美しい絵で世界が構成されています。

主人公たちが暮らす漂泊船「泥クジラ」もとても美しい。

   f:id:wind_gamemei:20170926003721j:plain

 

チャクロの手記

この作品は、泥クジラの記録係である主人公のチャクロの手記に則って構成されています(という設定)。

       f:id:wind_gamemei:20170926003701p:plain

チャクロは「ハイパーグラフィア」(過書の病)で、記録を綴らないとどうしようもなくなる病。

そんな彼が描く、泥クジラとのちに語られ始める彼の感情に注目して読んでみましょう。

 

設定と登場人物

基本設定

泥クジラに暮らす人々の9割がです。

印は「サイミア」と呼ばれる念じることでものを動かす能力を持っている人々。

しかし、印は代々短命で平均寿命は30歳。短いときの中をどんな思いでどう暮らしていくのか…

           f:id:wind_gamemei:20170926003715p:plain

そして残り1割が無印

サイミアは使えませんが、長寿で平均寿命は80-90歳。

泥クジラの統治を行っている人たちです。

 

登場人物  

   「クジラの子らは砂上に歌う」の画像検索結果

チャクロ(左から2番目)
印・14歳。物語の語り手。“泥クジラ”の記録係の心優しい少年。なんでも記録せずにはいられない“過書の病”(ハイパーグラフィア)。掟に従って個人的な感情は記さず、客観的事実だけを記録していた。サイミアの制御が下手で、仲間からは“デストロイヤー”と恐れられる。

リコス(左から3番目)
印・?歳。本名不明。泥クジラの誕生以来、初めての来訪者として現れた外界の褐色の肌の少女。廃墟と化した船の上で放心していたところをチャクロに発見される。その存在が“泥クジラ“、そしてチャクロの運命を大きく左右する引き金となる。

・サミ

印・13歳。スオウの妹でチャクロの幼なじみ。チャクロと非常に仲が良く、歩き疲れるとチャクロにだっこをねだることもあるなど、チャクロに好意を寄せていた。

スオウ(左から1番目)
無印・17歳。“泥クジラ”の次期首長候補の少年。女性と見間違うほど美しい容貌であり、島の内外を問わずその美貌が女性を魅了し、それを利用する。決して肉弾戦や運動神経には優れてはいないところが短所である。しかし、首長タイシャの跡継ぎとして期待され、チャクロら年若い者からの信頼も厚い。自身は無印なので長命だが、印の若者たちの短命を憂いている

オウニ(左から4番目)
印・16歳。泥クジラ随一の凄腕のサイミア使い。“泥クジラ”の誰もが両親を知らず、絶対に使えないはずの体内エリアで“情念動(サイミア)”を使えるなど謎が多い。
短命ゆえに焦っており、外界に出ようとしばしばトラブルを引き起こすグループ“体内モグラ”の一派のリーダー。

 

動き出す物語

ある日、泥クジラのように砂上を漂流する漂泊船を見つけ、偵察隊に同行したチャクロはその船の中で、生まれて初めて外界の人間――少女・リコス――と出会う。

            f:id:wind_gamemei:20170926003654p:plain

 

当初は冷淡だったリコスは船の住人と過ごすにつれ心を通わせていくのだが、突如泥クジラは謎の来訪者の襲撃を受け、泥クジラは戦禍に飲まれていくことになる。

           f:id:wind_gamemei:20170926003725p:plain

          f:id:wind_gamemei:20170926003706p:plain


止まっていた泥クジラの時間は動き出し、チャクロはその全てを日記に記していく。

 

最後に一言(感想など)

アニメ化するとのことで読んだ作品です。

最初は絵柄をのぞいたら、戦闘描写のシーンなど少年漫画でも通用するような話だと思いました。

しかし、読んでいくと悲しみや痛みといった感情の表現がしっかりしており、それを共に乗り越えていくといった点は、少年漫画の強敵を打ち破った後の充足感とはまた別なものだと思えました。

 

読んでいくと分かりますが、

この漫画のキーワードは人の「感情」でしょう。

 

 

彼らは突然の外界の襲撃を受け、どう考え、どう変わっていくのか?

なぜ彼らは襲撃されるのか?

なぜ彼らは砂海をさまよっているのか?

 

そんな謎を解明していくとともに、解明された謎によって起きる感情の推移にも注目です。

 

P.S 好きなのは2巻かなぁー(読んだ人に分かってほしい)

 

追記:アニメ

アニメが2017年10月から放送開始でーす。

砂がふくつしい。

↓公式サイト&PV

TVアニメ「クジラの子らは砂上に歌う」公式サイト |

 

  
TVアニメ『クジラの子らは砂上に歌う』 ティザーPV

/*サイドバースクロール*/