まったり綴るまんがのーと

まったり綴るまんがのーと

おすすめの漫画をネタバレなしで紹介してます。メジャーからマイナーまで幅広く紹介します。

まったり綴るまんがのーと

笑いあり感動ありの正統派コメディ・学園ギャグマンガ「SKET DANCE」《漫画感想》

SKET DANCE モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) -
SKET DANCE モノクロ版 1 (ジャンプコミックスDIGITAL) -

こんにちは。wind(ゲーム名)です。今回はジャンプ黄金時代に埋もれているといわれていましたが、実際に読んだら面白いギャグ・コメディ漫画「SKET DANCE」を紹介します。

漫画紹介 作者 篠原健太 出版社 集英社 掲載誌 週刊少年ジャンプ レーベル ジャンプ・コミックス 発表号 2007年33号 - 2013年32号 巻数 全32巻

あらすじ 開盟学園高等学校・学園生活支援部、通称「スケット団」は、学園の生徒が楽しい学校生活を送れるように、相談事やトラブルの解決など、人助けに取り組んでいる頼れる学園のサポーター集団。というのは建前で、実際は学園の便利屋扱い。落し物を探したり、裏庭を掃除したり、時には依頼もなく部室で折り紙をしたり。

そんなスケット団のもとに、今日もヘンテコな依頼人からのヘンテコな依頼が舞い込んで来たり、来なかったり。スケット団は、時に真面目に、時にバカバカしく、グダグダだけど真剣に依頼に向かっていく。

SKET DANCE」を紹介する理由 主人公が最も地味w スケット団のメンバーは3人。 vol77.jpg ホッケースティックを操る元伝説の不良、突っ込み&戦闘役の「ヒメコ」。

オタクで情報通、クールでパソコンの合成音声でしゃべる「スイッチ」。 とキャラが立ちまくっている二人に対し、主人公の「ボッスン」は優しいけど寂しがりで卑屈、特技は手先が器用なこと、必殺技は集中力というとても少年漫画の主人公とは思えません(笑)。 無題.png

しかし、絆と仲間を大切にし、人の悩みに真剣に立ち向かう、やるときはやる男です。

個性の塊のキャラ達 464774-514045.jpg スケット団は学園のお助け部であるため生徒たちが悩みの相談にやってきます。

ペパーミント侍、乙女フィルター漫研部員、青春オーラキャプテン、幽霊風オカルト部員、スケバンシンデレラガールetc、etc

これらのキャラと絡みながらグダグダと、時に真剣にスケット団は依頼を解決していきます。 また、キャラクターがレギュラー化することが多く、そのキャラの根本を大切にしつつ、新しい個性を追加させてキャラを強化していくスタイルだと感じました。

日常生活を超えたギャグ回(個人的おすすめ) スケット団のスイッチは発明好き、そしてスケット団顧問の中馬先生は怪しい薬を製造する才能を持っており、この二人が作っていたものが絡むと 日常生活を超えたネタが使われています。中馬さん作の子供になる薬、表情を操作する薬etc,etc。スイッチ作の動物語翻訳機、扇風機型タイムマシンetc

戸惑いながらも結構順応性が高い普通の高校生3人が現代科学を超えたものを部室内での小規模で扱っているのがシュールで面白いため、個人的にはおすすめです。

スケット団の過去 作中ではスケット団の三人それぞれの過去が語られ、彼らが仲間になった経緯が分かります。 そしてその過去が今の関係を変えることも……。

生徒会との関係 seitokai.jpg スケット団のライバルとして登場するのが生徒会です。最初はお互いに敵視していますが、直接の対決を経てからお互いにより良い学園を目指すものとして意識するようになっていきます。 それに伴って、それぞれのメンバーの態度も変わってきます。 特にスケット団の一人と生徒会の一人にはその二人も知らない縁があり、その関係が明かされるまでも作者はそれを意識しながら描いていたようで結構な数の伏線があります。 ぜひ秘密が明らかになった後に、読み返してほしいです。

最後に一言 結構ピンポイントな紹介になってしましましたが、読んだ感想としてはギャグ回ははずれの回が少なく、安定して面白く笑える漫画だと思います。

それに加えて時に真剣な悩みあり、熱い展開あり、感動あり、そして高校生らしく恋愛もあり、と毎回の話にそれぞれテーマが感じられ、作者の表現の幅を感じます。

銀魂好きの人とか好きそう(実際篠原さんの師は空知先生ですしw)

あとはすべての話の終わりに1ページの「作者コメント」があるのが単行本の特徴だと思います。 それぞれの話の思い付きや、構成、作るまでの苦労話など面白い話が見れる点もおすすめです。

P.S 好きな巻は4巻、好きな話は「会えて嬉しい」 「The last day of president」です。  (読んだ人にはわかるはず)

追記「アニメ」

全77話 noFlash.jpg アニメ版の特徴としては主に1話に漫画の2本分の話が入っていること。 そしてそのタイトルが漫画の2話分がくっついためちゃめちゃなタイトルになっていることです(笑)。

あとは話の順番が漫画と変わっており、話のつながりが分かりやすくなっていることです。

こちらも漫画のギャグを色あせることなく伝えていて面白いのでお勧めです。

個人的にはアニメ版で押されている倉ちゃんが好きです。

/*サイドバースクロール*/